キャバクラに行く客の半数以上が

キャバ嬢と付き合いたい、もしくは

夜を共にしたいという下心を持っている。

実際キャバクラは意外にも一人で来る

指名客は多いのだ。


ただ、一人で店に行く常連客になって

しまっては、大体がカモにされて終わり。

悲しい末路が待っているだろう。


ではどうすればキャバクラで知り合った

キャバ嬢と付き合えるのか?


そこで今回は私がとあるキャバ嬢と

付き合うまでにした3つのことを

紹介しよう。

----------------------スポンサーリンク---------------------


まず私が付き合ったキャバ嬢の

プロフィールを簡単に紹介する。

IMG_20190802_193305
名前:楓(本名はさやか)
身長:160センチ
体重:50キロ、Cカップ

少しヤンキーっぽい感じで

男っぽくてサバサバしている。


ただ、これが仲良くなるにつれて

段々女の弱い部分を見せてきたのだが

これは後にしよう。


で、彼女と付き合うまでにしたことを

書いていこう。


①初めて出会って指名した。
たまたま知り合いと行ったことのない
キャバクラに行き、彼女が付いた。
なんとかなく話した感じが
合いそうな気がしたので
そのまま場内指名しただけ。

②趣味が同じパチスロだったので
それについて教えた。

パチスロについて一度質問されたので
それについてラインで教えると、それ以降
ラインで質問されるようになった。

③毎日電話やラインをした。
パチスロについて質問されるようになり
それに答えていると、気が付けば
彼女が打ち終わった後、結果報告を
電話でしてくるようになっていた。
負けたら愚痴、勝ったら勝ち自慢で
それを私は黙って聞いていた。
そのうち客の愚痴も言うように
なっていた。


これだけである。

その後は彼女の休みの日に

会うことになり、軽くパチスロを

一緒に打ってから、
飲みに行き

一夜を共にして、その時に付き合おうと

言って付き合ったというわけだ。

店には最初以降は一度も行っていない。


そう、キャバ嬢と付き合う時など

普通の女性と付き合う時と一緒で

こんなあっさりしたものなのだ。

高いディナーに連れて行く必要もないし

何か高いプレゼントを渡す必要もない。
※クリスマスや誕生日は別だが。


この彼女の場合、たまたま趣味が同じで

話が合ったというのは大きいだろう。

また彼女が仕事に対してやる気がなかった

というか、夜を上がる時だったので

営業らしい営業はしてこなかった

というのもある。


で、彼女と知り合って付き合うまでの

期間は1か月。


ちなみに付き合った後にその理由を

聞いてみたのだが、パチスロについて

なんでも教えてくれたし

話を聞いてくれたからだそうだ。

あとはフィーリングだったようで

顔は別にタイプでもなんでもなかったと

言っていた。

あ、この人とは付き合えるな

そう思ったら女は早いそうだ。

あとはこちらが仕掛けるかどうか。


【どうすればキャバ嬢と付き合えるか結論】

ただ相手がどんな嬢だろうと

普通に一人の女性として

普通に優しくするだけ。

その中で上手くいきそうな嬢が居れば

ラッキーくらいに思えばいい。

記念日くらいはプレゼントを渡してもいいが

脈が無ければ、ただ営業的に

喜ばれるだけで、それがきっかけで

恋愛関係に発展するということは

あまりない。


結局キャバクラに行って、イケる時は

あっさりイケるし、いくら頑張っても

ダメなものはダメなのだ。

お気に入りの嬢を散々指名して

相手にされず、あとから一見の客と

こっそり付き合ってしまうなんて

パターンもよくある話。


割り切って飲みに行っているなら

いいのだが、付き合いたいと

思っているのであれば、一度指名して

その後プライベートで会えなければ

諦めた方がいい。

それ以上粘っても時間と金の無駄だ。



ただし、ここぞという時(イケそうな時)は

デートに誘ってオシャレなバーなんかで

プレゼントを渡すのもアリだ。

これによって嬢の心をさらにグッと

掴める可能性が高い。
※イケそうな時というのは具体的に
嬢から頻繁に営業関係なくラインや
電話が来たり、プライベートの誘いが
来たり。


脈無しの嬢には渡しても意味はない。

金の無駄だ。

何度も言うが、ある程度こちらに

好意がなければならない。

そこは十分見極める必要がある。


結論としては嬢と付き合うには

最低限の身だしなみやマナーは必要だが

まずは自分に興味を持ってくれる人を

探すのが一番なのである。
キャバ嬢に必ず喜ばれる究極のクリスマスプレゼント



シェアして皆に教えよう!

※お悩み・ご相談があればいつでも
メールまたはツイッターにて
受け付けています。