コロナ感染拡大よる緊急事態宣言で

飲食店は大打撃受けたわけだが

もちろんキャバクラなどは特にそう。

客との距離が非常に近く、店休するところも

多かったようだ。


そこで今回は知り合いのキャバ嬢3人に

緊急事態宣言中はどうしているのか

聞いてみたのでそれを紹介しよう。



【キャバ嬢Aの場合】

彼女は20代後半のバツ一子持ちキャバ嬢だが

緊急事態宣言が出され、店が店休したため

その間は同じ系列のパブに移動し、そこで

働いているという。

キャバクラもパブもほとんど変わらないと

思うのだが・・・


まあ大体は同じ系列の営業している店

というのが普通なのだろう。

とはいえ休みが増えたようで

子供が居るため生活費が掛かるため

プライベートでも遊んでお金を貰える客と

会って頑張っているようだ。


【キャバ嬢Bの場合】

彼女は30代前半のベテラン嬢だが

今回の問題により店が閉店し

強制的に解雇となった。

このようにコロナ感染拡大の影響で

閉店したキャバクラは多い。



彼女は貯金もロクにしていないため

泣く泣く実家に戻り、今は私の紹介で

田舎のパブで働いている。


----------------------スポンサーリンク---------------------



【キャバ嬢Cの場合】

彼女は20代前半の若い嬢なのだが

働いている店が店休で系列店も休み。

ただその間、その店のサービスとして

新たにオンラインキャバクラなるものを

始めているようだ。

これはどういうものかというと

その言葉通り、オンライン上で

キャバ嬢と客が飲むシステムのこと。

IMG_20200520_085748



今流行りのzoomみたいなもので、お互いの顔を合わせ

会話をしながら酒を飲む。

当然店に行くよりも安く飲めるため

安心である。

ちなみに嬢のドリンクは別料金に

なっている。

※もちろんこれは店によるが。


嬢としてはオンラインなので

客からのセクハラや直接顔を合わせなくて

いいため楽なのだろうが、客からしてみれば

少し物足りないだろう。


実際、オンラインキャバのサービスを

始めてから最初こそ客が入っていたものの

今は全くらしい。

まあ正直そこまでしてキャバ嬢と

飲みたい客は少ないため

一時しのぎのサービスみたいなものだ。


尚、彼女はこのサービスのおかげで

ずっと家に居るので幸せらしい。

今のキャバ嬢は基本的に出不精な子が

多いので、仕事でも休みでも

家でゲームをやったり、ユーチューブを

観て過ごしているそうだ。


コロナも全国の自粛により、一時期よりは

大分感染者が減ってきてはいる。

キャバクラやバーなどサービス業の

多くの店が営業を再開しているものの

客足は未だ少なめのようだ。

そこで店はなんとか客を付けるために

安くしたりしている。

つまり今の時期は空いており

お得なので行ってみるのもアリだろう。


そして今キャバ嬢はお金に困っている。

そんな中でわざわざ指名して行く客の

評価は高い。

よくこんな状況で店に来るのは

馬鹿だと言うキャバ嬢も居るが

指名してくれる客は話が別。

こういう大変な時期だからこそ

たくさんお金を使ってくれる客が

喜ばれる。


風呂に入って身だしなみを整えてから

店に行き、もちろんセクハラは一切せず

変な説教もせず、武勇伝も語らず

ただ金を使う。

客からその一歩上を行くには

最低限これらを守って飲むことが

大切である。

--スポンサーリンク--

※お悩み・ご相談があればいつでも
メールまたはツイッターにて
受け付けています。