貴方はキャバクラでお気に入りのキャバ嬢に

付き合おうと言ってOKをもらったことは

ありますか?


おそらく、ほとんどの人は断られている

ことだろう。

これは当然のことだ。

あくまで客は客。

金で繋がった関係の相手の心を

動かすことは並大抵の努力では

不可能。


結局キャバ嬢に片思いする客は

ほとんどの場合、泣きを見るだけ。

なので片思いするのは時間の無駄なので

絶対にやめよう。

その嬢に費やす時間と金を

他の嬢に使う方がよっぽど賢い。




ではここからが本題だが、キャバ嬢に

付き合おうと言って断られた場合

どういう言い方で断られることが

多いのか?


①今はこういう仕事をしてるし
辞めたらちゃんと話をしよう。

②今は仕事が忙しいから
そんな暇が無い。

③タイプじゃない。
好きじゃない。
客は無理。




③は例外として、はっきり面と向かって

断る嬢はまずいない。

理由は簡単で、はっきり断ってしまうと

店に来なくなる可能性があるので

店に引っ張るために、返事を

あやふやにしているだけだ。


嬢が本当に客に好意を

持っている場合、今の仕事は

関係ないし、忙しくても関係なく

付き合うだろう。


付き合えない理由は③が答えであり

これがキャバ嬢の本音なのである。


もし貴方が嬢に告白して、①②のどちらかを

言われた場合、遠回しに「好きじゃない」と

言われているのと同じことなので

素直に諦めることだ。


大抵の指名客は嬢に①②を言われて

店に引っ張られている。

店に通い続けて、少ない可能性に

掛けるのは、金と時間に余裕がある

人間だけでいい。

どうしてもその嬢を落としたい場合は

時間を掛けて、金では買えない

「思い出」を嬢と一緒に

作っていくしかない。


ただ、大抵の客は途中で失敗する。

カモになりたくなければ

断る言い訳をされた時点で

他の嬢を探す方が賢明と言えるだろう。

----------------------スポンサーリンク---------------------