正確にはキャバクラではなくて

スナックなのだが、今回はそこで

知り合ったスナック嬢との体験談について

お話します。


今から数年前によく行っていた場末の

スナックがあり、そこで女優の杏似の

嬢が居た。

歳は20代後半で身長は165センチ?で

スラっとした女性だ。


このスナックは元々大人しめの知り合いの
※以降Hと呼ぶ。

行きつけの店で、何度か彼に連れて

いってもらううちに常連になった。


基本的には50過ぎのママと30代~40代の

従業員が2、3人という小さいスナックで

当時は若い嬢が入店する度にHは

嬢に狙いを定めていた。


ところが彼は積極性がなく、特に

嬢に告白するわけでもなく

そのうちに嬢はヤメて・・・

という繰り返しがしばらく続いた。


そこに現れたのが杏似の嬢である。

この嬢はHと同じく大人しめで口下手。


すっかり杏似の嬢に惚れた彼を見て

私は閉店後はタクシーに無理矢理

二人を押し込んだりして、くっつけようと

した。
※実際私もその嬢と二人で飲みに
行ったりしていたが。



最初は進展は無かったのだが、私の

協力もあって、彼の家に嬢を呼んだり

付き合う一歩手前までに発展。

----------------------スポンサーリンク---------------------


だが、彼はその後豹変。


ある日、Hとは別の知り合いと3人で

そのスナックに飲みに行ったのだが

そこで私は杏に知り合い2人を紹介した。


すると私も含め知り合い2人は

杏とすっかり意気投合してしまい

その日は閉店まで飲んでしまう。


そのことをママ経由でHにバレてしまい

その日の明け方にHから電話がきた。


「彼女の車が家に無かったんだけど
どっか遊びに行ったの?」



悪いことはしていないのに

そう聞かれた私は思わず

生唾を飲んでしまった。


つまりこういうことだ。

Hは気になって私が飲みに行った日の

明け方に彼女の家まで行き

車があるかどうか確認したという

わけだ。


「昨日電話したら具合悪くて
夜は仕事出るけど、明日の昼職は
休むから会えないって言われたのに
車が無いからおかしいと思って」



そうHが言う。

彼女はスナックの他に昼間の仕事も

しており、どちらも車で出勤している。


つまり車が無いということは

スナックの仕事が終わってそのまま

私達と遊びに行ったのではないかと

疑っているのである。


実際何もしていないのに

疑われると何故か動揺してしまう私。

結局疑いは晴れたのだが

このHのストーカー行為は

当然皆に広まってしまい

そのスナックでもネタにされてしまい

彼女の耳にも入ってしまう。


当然その後の二人の関係は

壊れてしまい、私と知り合い2人は

彼女と深い関係にまでなってしまう。


元々彼女も中途半端な気持ちで

Hに気を許したのも原因だが
※彼女にHと付き合う気はなかった。

元々Hの行きつけの店を

私達3人が荒らしたのも悪いだろう。

彼は当然その店には行きづらくなり

最終的には来なくなってしまった。


悪いことをしたなと思いつつも

私達は気にせずにその嬢と

今でも仲良く飲んでおります。


----------------------スポンサーリンク---------------------